スポーツ障害とは

スポーツによる繰り返しの動作で身体に微弱な負荷が一定期間加わり生じた多彩な影響のことです。

痛みや機能障害などが慢性的に続きます。

一度発症すると疼痛などの症状が持続し長期間スポーツ休止を余儀なくされる為、予防が大切です。

発症しても初期の段階で適切な処置やケア行うことにより症状の長期化を防ぐことができます。

 

スポーツ中に急激な外力が加わることで発症する捻挫や打撲などのスポーツ外傷とは異なります。

スポーツ障害によるスポーツ休止を長期化させない為にも早期の整形外科受診を勧めます。

 

【代表的な疾患】

リトルリーガーズショルダー、野球肘、ジャンーパーズニー、オスグッド病、腸脛靭帯炎、踵骨骨端炎、腰椎分離症など

 

RESERVATION

※インターネットの予約はございません

※希望される日に空きがない場合は、後日になる場合がございます

※予約がない方は予約優先の為、待ち時間が長くなる場合がございます

※急患・症状により診察の順番を前後させていただく場合がございます

予約日の変更・キャンセル:お電話か受付でご予約の変更・キャンセルをお願いします

キャンセル後に来院をご希望される場合は、新たに予約を取り直しさせていただきます