超音波診断装置(エコー)

超音波診断する装置になります

超音波診断装置(エコー)の先端に専用ゼリーを塗り体表に当てることで、

先端から発生する超音波により患部をモニターに描出しエコー診断いたします。

主に、肩の腱板、軟骨、筋肉の状態を確認します。

詳細はレントゲン、MRIなどの他の検査を併用し診断いたします。

 

超音波診断装置を用いた運動器エコー

腓腹筋損傷の損傷側と健側の画像

腓腹筋肉離れ

運動器エコーは、筋肉、靭帯、神経などの軟部組織を医師がリアルタイムで観察し診断・説明と同時に治療します。

スポーツ障害・外傷の診断、治療に活躍しています。

 

肩こり、ぎっくり腰には、医師がリアルタイムのエコー画像を確認しながら筋肉の間に生理的食塩水を注射し

硬くなった筋膜や、癒着している筋膜をはがし「筋膜性疼痛」を改善するハイドロリリース(筋膜リリース)も有効です。

足関節前距腓靭帯の損傷側と健側の画像

足関節前距腓靭帯損傷

 

超音波診断装置を用いたハイドロリリース(筋膜はがし)

ハイドロリリース前

ハイドロリリース(筋膜はがし、筋膜リリース)とは、超音波画像を医師が観察しながら注射で薬液の生理食塩水を

結合組織内の筋膜などに広げる手技のことです。

ぎっくり腰、肩こりや五十肩などの筋肉の硬くなった部位に薬液を注射することで、

癒着している筋膜の間をはがし筋肉の動きがスムーズになり疼痛や可動域が改善します。

外傷後・手術後などの神経の癒着による しびれ・疼痛にも効果があります。

ハイドロリリース後

RESERVATION


※インターネットの予約はございません

※予約がない方はでも診察させていただきますが、予約優先の為、待ち時間が長くなる場合がございます

※急患・症状により診察の順番を前後させていただく場合がございます

予約日の変更・キャンセル:お電話か受付でご予約の変更・キャンセルをお願いします

キャンセル後にリハビリをご希望される場合は、電話では予約受け付けておりませんのでご了承お願い致します